Jeff Rowland Design Group Capri S 入荷遅延のお詫び

いつも格別なご厚情をいただき深謝申し上げます。

好評発売中のJeff Rowland D.G.「Capri S」の入荷が大幅に遅れており、ご注文いただいておりますお客様におきましては大変ご心配、ご迷惑をおかけいたしておりますことを深くお詫び申し上げます。

次期出荷予定のCapri Sにはファームウェアを全面的に刷新したメインボードが搭載される予定でございます。
現在そのメインボードの完成を待っている状況であるとJeff Rowland D.G.本社より報告がございました。 遅れている要因として メーンボードに組み込まれるスィッチングリレーやマイクロプロセッサー等のパーツ数点の入荷が間に合っていないとのことでした。この新しいメインボードが完成次第、Capri S本体に搭載され直ちに出荷体制に入ると云うことでございます。
私たちといたしましても出来るだけ早くお届けできるように適宜連絡を取ってまいりますので、もう暫くお待ちくださいますようお願い申し上げます。

新ファームウェアについて

今回の新ファームウェアによって、操作性の安定性が向上するとのことです。
Aeris DACを共同で開発し、ジェフ・ロゥランドが最も信頼を寄せているデジタルデザイナーのトーマス・ホルム※(デンマーク)がファームウェアの設計を担当いたしました。
※トーマス・ホルムはPHASE ONE プロデジタルカメラの製造チームや衛星デジタル写真処理プログラムに加わり、その実績によって社外から初めてテキサスインストゥルメントに招聘され、TI製のFPGAにあったバグを解決したという極めて有能な人物です。

「遅延について大変ご迷惑をおかけし申し訳なく思っておりますが、New Capri Sはお待ちいただいているお客様のご期待を裏切らないすばらしい製品であると自負しております。今しばらくご辛抱を賜りますようお願い申し上げます。」----- Jeff Rowland (Jeff Rowland Design Group President)

Back to Top